オススメ記事

【シャニマスSS】凛世「……にゃーん……」




1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2019/12/25(水) 21:31:32.26 ID:9/6j0Hxf0

ニャー

凛世「にゃん……」

ニャーオ ニャー

凛世「にゃーん……にゃあ……」

ニャー ニャーウ ニャー

凛世「にゃん、にゃー……ふふっ……」


P「凛世」

凛世「!」


凛世「プロデューサーさま……いつから……!」

P「凛世が猫と、ちょうど話し始めた時だよ。声をかけようと思ったら、ずいぶん楽しそうに会話してるもんだから」

凛世「……」カァァ…

P「ごめん。タイミングを失っちゃって」

凛世「いえ……お気になさらず……」

ニャー ニャー

P「ここの家、多くの猫を飼ってるんだよな。玄関に座ってるのを見かける。いつも来るのか?」

凛世「そういうわけでは……。以前、果穂さんたちから、ここの猫のことを教えていただいて……お買い物を終えた帰りに、ふと思い立ち……訪れたのです……」

P「そうだったのか。何を話してたんだ? もしよければ……」

凛世「……っ」

P「あ……そ、そうだよな。詮索しないよ、今の質問は忘れてくれ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577277091


2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:33:13.88 ID:9/6j0Hxf0
凛世「……お天気の、お話を……」

P「!」

凛世「今日は暖かく……お散歩日和だというお話を、しておりました……」

P「はは、そうか。確かに冬にしては暖かいな。暖冬ってやつだ」

凛世「はい……なので、ぷちさんたちも、こうして外に出ていると……」

P「ぷちさん?」

凛世「この方です……ぷち、というお名前です……」

ニャー

P(凛世が今つけたのかな。いや、飼い主さんに教えてもらったのか)

ニャー ニャー

凛世「ぷちさん……この方は、先ほどお話した……凛世の大切な……」

ニャー ニャーウ

凛世「そ、そのような関係では……。今は、まだ……」

P(なんか、本当に会話してるみたいだな)

ニャーオ ニャー

凛世「……そうなのですね……。では、またお会いしましょう……」

ニャー

P「あれ? あの猫……ぷちだっけ。どこに行くんだろう」

凛世「昼餉の時間だとか……」

P「なるほど」

3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:34:19.08 ID:9/6j0Hxf0

~~~~~~

凛世「申し訳ございません……荷物を持っていただいて……」

P「気にしないでくれ。俺もこっち方向へ行くつもりだったから、ついでだよ」

凛世「ありがとうございます……」

P「……他には、どんな話をしてたんだ」

凛世「?」

P「ぷちとの会話」

凛世「……アイドルのお話……ユニットの皆さんのお話……そして、プロデューサーさまのお話を……」

P「俺の話も?」

凛世「凛世を、アイドルの世界へ導いてくださった……大切なお方だと……」

P「そんなふうに言われると恥ずかしいな」

凛世「嘘偽りなき、事実でございます……」

P「少し照れくさいけど……ありがとう。というか凛世、猫の言葉が分かるのか? やり取りができてたように見えたけど」

凛世「直接は、分かりません……。ですが、『にゃー』という声を、耳にしていると……どことなく、感じられるのです……」

P「猫が何を言ってるか?」

凛世「はい……」

P「へー、不思議だな。俺にも分かるかな」

凛世「プロデューサーさまにも……?」

P「うん。今度猫を見かけたら話しかけてみるよ……って、俺がそんなことしたら怪しい奴だな。凛世みたいな綺麗な女の子だと、すごく絵になるんだけど」

凛世「き、綺麗などと……もったいない、お言葉でございます……」

凛世「……プロデューサーさま……よろしければ、次のお休みに……○○公園へ……」

P「ああ、そういえばあそこにも猫がたくさんいるな。人の家の前よりかは怪しまれないだろうし。うん、行ってみよう」

凛世「……凛世も……」

P「ん?」

4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:35:31.86 ID:9/6j0Hxf0
凛世「その……凛世も……ご一緒しても、よろしいでしょうか……」

P「もちろんいいけど、せっかくのオフに、俺と猫を見に行くなんて……」

凛世「お願いいたします……」

P「凛世がいいなら構わないよ。一緒に行こうか」

凛世「……!」

凛世「はい……ありがとうございます……!」

凛世「……あ……」

P「寮が見えてきたな。これ、玄関まで持って行くよ」

凛世「……感謝いたします……」

~~~~~~

P「それじゃあ、また明日。打ち合わせは予定通り、17時頃だから」

凛世「はい……」

P「風邪を引かないように、体に気をつけてな」

凛世「……はい……」

凛世「……プロデューサーさま……」

P「ん、どうした? なにか言い忘れが……」

凛世「にゃー……」

P「!」

凛世「にゃー……にゃーん……にゃあ……」

5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:37:01.10 ID:9/6j0Hxf0
P「……えっと……」

凛世「申し訳ございません……猫の言葉で、ご挨拶を、と……」

P「猫語か。なんて言ったんだ?」

凛世「……」

凛世「……お体に気をつけて……また明日、お会いしましょう……」

P「はは……うん、また明日」

凛世「風邪を引かぬように……暖めてください……」

P「凛世もな」

パタン

凛世「……にゃー……」

凛世「……にゃー……にゃーん……にゃあ……」

凛世(この想い……仮初の言葉では……)

凛世(……プロデューサーさま……凛世は、貴方さまを……)

~~~~~~

(次のオフ)

ニャー ニャーオ

P「今日は冬らしい寒さだから、猫が少ないな」

凛世「はい……」

P「違うところで暖をとってるんだろうな。おいで」

ニャー

P「大人しい。人に慣れてるみたいだ」ナデナデ

ニャーオ

P「可愛いなぁ」

凛世「とても、気持ちよさそうです……」

6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:38:41.37 ID:9/6j0Hxf0
P「凛世も撫でてみるか?」

凛世「はい……失礼いたします……」ナデナデ

ニャーオ ニャー ゴロゴロ

P「喉を鳴らしてるぞ。凛世の撫で方が好きなんだ」

凛世「ふふっ……」

ニャー ニャー

P「他の猫も寄ってきた。よしよし」ナデナデ

ニャー

P「ははっ、自分から頭を擦りつけてくるなんて」

凛世「……」

P「本当に可愛いな」

凛世「……はい……」

P「凛世、こっちの猫も触りたい?」

凛世「!」

P「じっと見てるから」

凛世「い、いえ……」

凛世「……はい……」

P「この猫、特に人懐こい気がするぞ。お腹まで見せてる」

ニャン ニャーオ

P「お前もか。よしよし、いい子だな」ナデナデ

7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:41:49.85 ID:9/6j0Hxf0
凛世「……」

P「なんだ凛世、こっちの猫も触ってみたいのか?」

凛世「え……。い、いえ……」

凛世「……はい……」

P「この子も大人しいよ」

凛世「はい……大変、愛らしいです……」

凛世「……」

~~~~~~

P「このお茶でよかった?」

凛世「ありがとうございます……お金を……」

P「いいよ、俺のおごりってことで」

凛世「……では、ありがたく……」

P「うん」

凛世「プロデューサーさまは……ココア、なのですね……」

P「冬になると、たまに飲みたくなるんだよ。夏に食べるアイスみたいに。こうして寒い中、公園のベンチに座りながらというのも、ささやかな幸せを感じられて好きなんだ」

凛世「……」

P「暖かい場所で、温かい飲み物を飲むのも、もちろん好きだけどさ」

凛世「……そのお気持ち、分かります……」

凛世(このような寒い場所でも……プロデューサーさまと、並んで座らせていただくだけで……凛世は……)

凛世「……プロデューサーさま……」

P「?」

8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:42:57.96 ID:9/6j0Hxf0
凛世「……にゃーん……にゃん……にゃー……」

P「あ、猫語。そういえば結局、猫の言葉分からなかったんだよな」

凛世「凛世の、今の言葉も……?」

P「そうだなぁ……難しい」

凛世「……言葉だけでは、ないのです……」

P「え?」

凛世「言葉だけでは……理解することは、難しいです……。表情や、仕草など……言葉以外の、様々なものを見ると……どことなく……」

P「ひょっとしてそれはヒント?」

凛世「はい……」

P「よし。じゃあ、そのヒントを踏まえた上でチャレンジしてみよう。悪いけど凛世、もう一回言ってくれないか?」

凛世「……にゃあ……にゃん……にゃー……」

P「……」

凛世(プロデューサーさま……凛世の、この想いを……)

P「……」

凛世「……」カァァ…

プイ

P「あ」

凛世「……申し訳ございません……顔を、逸らしてしまい……」

P「お、俺のほうこそ真剣に見つめすぎて……変な顔してたよな」

凛世「そのようなことは……」

9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:44:35.43 ID:9/6j0Hxf0
P「うーん……こうなったら、ぶっつけ本番だ。あの猫たちのところへ行ってみるよ。凛世のヒントを取り入れて……」

ヒュオオオオ

P「寒っ……! き、急に風が吹き始めた……」

凛世「くしゅんっ」

P「凛世、大丈夫か?」

凛世「ご心配には、及びません……」

P「寒そうにしてるじゃないか。今気づいたけど、猫たちもいなくなってるし、今日は帰ろう」

凛世「……はい……」

凛世(……プロデューサーさまとの、時間が……もう……)

~~~~~~

P「う……顔に風が当たって冷たい……」

凛世「……」

P「……」

P「凛世、これを着てくれ」

凛世「?」

凛世「……これは……プロデューサーさまの……」

P「下に着込んでて、コートが無くても平気だからさ」

凛世「ですが……」

P「俺は大丈夫。それよりも、凛世が心配なんだよ」

凛世「……ありがとう、ございます……」

P「いいんだ。どうだ? まだ寒い?」

凛世「……とても……暖かいです……」

10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2019/12/25(水) 21:46:19.46 ID:9/6j0Hxf0
P「よかった」

凛世「……」

凛世(暖かい……とても……。プロデューサーさまの、温もりを……感じます……)ギュ

P「……凛世、ひとつ提案があるんだけど。あの店に入らないか? まだ帰るには早い時間だし」

凛世「……!」

P「軽く食べながら話そう。もちろん、帰りたいなら寮まで送っていくよ」

凛世「……」


凛世「……にゃあ……」

P「!」


P「……はは。分かった、じゃあ行こうか。あの店、空いてるといいな」

凛世「……はい……」ニコ

凛世(仮初の言葉……それでも、プロデューサーさまは……分かるまで聞いてくださると……)

凛世(……いつか、この想いも……)


おわり

11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2019/12/25(水) 21:47:28.16 ID:9/6j0Hxf0
読んでくださりありがとうございました
解釈違いというか、納得いかない箇所がありましたら申し訳ありません

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

【シャニマス】凛世「……にゃーん……」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577277091/

以上、『【シャニマスSS】凛世「……にゃーん……」』についてのまとめでした。よろしければツイートボタンをポチッとお願いします。更新の励みになります。

  • Tweetボタン


コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

【シャニマスSS】凛世「……にゃーん……」のコメント一覧

    • 1.俺P@もばます
    • 2019年12月26日 07:57 ID: pE6VYVB50
    • 素直に最高です
    • 2.俺P@もばます
    • 2019年12月26日 08:42 ID: rlyW.fJ10
    • その…お写真などは…
カテゴリ:シャニマスSS
次の記事:アイマスのアイドルって全にキャラが濃い説(Vol.2534)
前の記事:【モバマスSS】忍「つかさちゃん!プレゼント選び手伝って!」
スポンサードリンク
最新コメント
サイト内検索
コメント
モバマスカテゴリ
オススメです
B0929JF4Y4

B08QWXW524

B08TQ9KV44

B08PFWRB36

B08LTXY2XX

B08R33YR8N

B08L6ZDXLW

B08RBRNZMT

B08SJGFZB2
当ブログについて

【当ブログについて】はじめての方に読んでもらいたい当ブログの取扱説明書コチラをご覧下さい。

■エイプリルフールの物語をもう一度
【モバマス2016Ap】シンデレラパーティ ~ドリーム・ステアウェイ~

■嫁ガチャ奮闘期
【モバマス】《ガチャ》『ハッピーウェディング』「佐久間まゆお迎えするまで帰れま10」

■嫁イベ奮闘記
【モバマス】ドリームLIVEフェスティバル新春SPを2枚取り目標に走ってみた感想

【デレステ】プラチナガシャSSR佐久間まゆと闘ったモノたち

2012.10→35k(※2014.6月の記事より)
2013.02→35k(※)
2013.04→250k フェス2枚取り
2013.11→130k(※)
2014.06→170k ニコ生で泣く
2014.09→オーストラリアアイプロ中間300位以内、ミニオンルージュ15k以上
2015.03→80k
2015.07→190k
2016.01→180k 個人2枚+チーム1枚
2016.01→9k 
2016.09→30k(無償込み130連)
2016.06→12.6k
2018.05→10kチャージ(無料60+有償10連の1枚目)
2018.09→93k+24k(jw)(引けず)
2019.02→30k(95連)
2019.04→28k(30kいれて2k余り)
2020.05→0k(ジュエル6000個でチケット560枚引いて4回目の12%)


■御用があるかたはTwitterにてご連絡下さい。お仕事のご依頼もお待ちしております。お仕事下さい!

■当ブログはGoogleかYahooで「もばます」「モバマス」で検索すれば表示されます。
過去記事
権利表記

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. All Rights Reserved. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトの無断使用・無断転載は当ブログへのリンクを掲載していただければ大歓迎です。絵を描いてくれるP、ネタを提供してくれるP、情報を報告してくれるPに最大限の感謝と敬意を払おう。 当サイトはアイドルマスターシンデレラガールズの非公式ファンサイトです。記事には指差し確認など万全の注意を期しておりますが、リンクや情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 お問い合わせはTwitterDMからお願いします。

Copyright © 2021 もばます! All Rights Reserved.

はじめての方に読んでもらいたい当ブログの説明書

スポンサードリンク