《寄稿No.32》Vast worldと台湾ライブ「Initial Mess@ge」が見せてくれたモノ

投稿日:

ヘッドライン

はじめまして、mr@pと申します。
今回はこの場をお借りして「Vast world」の歌詞についての気付きと、この曲と台湾ライブが示したメッセージについて書こうと思います。
あくまで憶測です。公式の解釈や狙いと異なる部分もあると思いますのでご注意ください。



はじめに

「Vast world」、先日のLIVE Paradeのイベント曲ですね。MVの中ではこれまでにデレステで登場してきた楽曲の1シーンが背景に登場、譜面もこれまでの楽曲をなぞっていると話題になっていました。

そして、4月7日と8日に開催された台湾ライブ、「Initial Mess@ge」。こちらをご覧になった方は、そこで披露された時の印象も強いのではないでしょうか。今回私がこの寄稿を書こうと思ったのも、その台湾ライブがきっかけでした。

台湾の地で幻視した、灰姑娘たちの夜明け前。「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Initial Mess@ge DAY01」現地レポート
https://www.lisani.jp/0000074579/

Vast worldと、ある曲との繋がり

初期のソロ曲にジュエリーズの曲、アニメやデレステ曲など幅広い内容だった台湾ライブ。上のレポートにあるように、シンデレラガールズの過去と今、そしてこれからをつないでいくライブだったなと思います。
その中で披露された新曲Vast world。まずはこの部分にご注目ください。


無題
このシーン。デレステ内でも聴ける部分ですね。

”Wink またたく宝石たち
それぞれ眩しい笑顔で”

自分達アイドルを宝石になぞらえて表現した歌詞です。デレステのMVだと、ちょうどこれまでの楽曲のMVが背景に登場するところですし、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。
台湾初日にこの部分を聴いた時、私の脳裏にとある曲が浮かびました。この日のライブ前半に披露された楽曲です。
帰宅した私は改めてその曲の歌詞を見直しました。

その曲とは、「ススメオトメ~jewel parade~」です。セトリ上の都合もあるとは思いますが、ジュエリーズ曲の中で唯一前半に披露されましたよね。その辺りも少し気になっていたんです。

ススメオトメの歌い出しの部分の歌詞を思い出してください。すると、ちょっと気付くことがあるはず。

“夢はジュエル 誰もひとつずつ 胸に抱きしめて
目指すゴール いつか 最高に輝きたいよね”

「宝石」と「ジュエル」。言語が違うだけで、同じものを指す言葉ですね。ススメオトメにおいてこの「ジュエル」は、まだ目標の場所として描かれています。

それがVast worldではどうでしょうか。

この曲では自分達を宝石と表現して歌っているんですよ。自分達は輝きを放つ存在である、そう言い切っているんです。
これには、ススメオトメができた当時から今日まで、シンデレラガールズの歩んできた道がたくさん詰まっているように思いました。(私はススメオトメができた当時まだPではありませんでしたが)

原石は磨かれ、キラキラとまたたく宝石になりました。

その先の物語

でもこう書くと、こんなツッコミを思い浮かべる人もいるのでは?

「目指すゴールに着いてるじゃないか」

自分達を宝石と表現できるなら、ススメオトメで歌うゴールに着いています。それじゃあこれからの展開が無いことになってしまう。シンデレラ的に言うと王子様が迎えに来たところですね。

そこでカギになるのはデレステのラスサビで聴ける部分です。

“High! 憧れていた場所さえ 超えてみせるから
ずっとついてきてね 素直な気持ちを伝えるよ”

憧れていた場所――ゴールを超えていく、そう勇ましく歌ってくれます。
歌詞ではその他にも、1番のサビの中で「無限に広がっていく世界」「終わらない物語」といったあたりも夢のその先を感じさせます。
シンデレラという童話はそこで終わりですが、まだまだシンデレラガールズには先があって、物語は続いていく、そう解釈できるんじゃないでしょうか。

実はこのHigh!から始まる部分、デレステでは曲の最後にありますが、フル尺だと2番にしか登場しません。現在ニコニコ動画にて配信中の「THE IDOLM@STER webラジオ~バンプレストスペシャル~カホーは寝て待てっ!」にて確認できます。バックミュージックで流れているので若干聞きづらくはありますが、この確認をとるには十分でした。
単に一番とラスサビを繋げるだけでは登場しない部分をわざわざ聴けるようにしてあるからには、そこには理由があると思います。もしかしたら、ここに書いたような意図を表現したかったのかも。

Vast worldでなければいけないワケ

ここまで考えたところで、今度は自分の中で新たな疑問が浮かびます。

「なぜEVERMOREではだめだったのか?」

シンデレラガールズの5周年を記念して作られた楽曲「EVERMORE」。ともに進む仲間へ歌っている部分が多いですが、こちらの歌もVast worldに似通った歌詞がいくつかあります。
特徴的なのは「先へ 先へ 夢の先へ」の部分。夢の向こう側へ向かおうと歌っている部分は意味がかなり似通っていると思います。初めてのステージの思い出から始まり、夢のその先を歌う。表現したいテーマとしてはこの曲でも問題ないのでは?少しそう思いました。

考えて辿り着いたのは、EVERMOREはまだ夢の途上の歌だということ。言い換えると、原石を磨いている最中。
台湾ライブ2日目の挨拶でも少し触れられましたが、サビの「TVで 舞台で 世界で」の部分。ここって「夢の先へ」という歌詞に続いて歌われていることを考えると、まだ実現していない部分と捉えられると思います。
今回のライブの舞台はそう、台湾。初の海外単独公演と銘打っています。初の世界進出です。
そうなると、「世界で」が夢の先にある段階にある歌を締めくくりに歌うのはおかしいよねって話になります。
こう考えると、確かにEVERMOREだとちょっと不適当かなと思います。

「まだ知らない世界」

上の考察でキーワードになった「世界」という2文字。Vast worldとEVERMOREについて考える中で、この2文字はもしかしたら今回のライブで2つの意味を含んでいたのではないのかなと考えるようになりました。

まずは単純にWorldという意味の世界。先ほども書いたように今回は初めての海外単独公演ですからね。今回は世界進出の第一歩です。
アンコール前最後の曲になった「メッセージ」。こちらの歌詞の中で登場する「世界中に伝えたい」もこの意味合いが強いでしょう。抑えきれない喜びの表現がステキだなと思う一節です。

もう1つがVast worldの歌詞にある「まだ知らない世界」。歌い出しの部分にあたります。アイドル達のこれから、未来といった意味ですね。
最初の方の話に戻るようですが、実はススメオトメにも全く同じフレーズが登場しているんです。2番のサビ「まだ知らない世界 呼んでいる」の部分です。当時のアイドル達はまだ知らない世界に呼ばれている状況。それではVast worldではどうなっているのか。

“まだ知らない 世界を探して
さぁ 行こう! fly to a new world!”

自分達の知らない世界に呼ばれていたアイドルたちは、自分達で更なる世界を探し、飛び立とうとしています。あれから何歩も先へと進んできたアイドルたちの姿ではないでしょうか。
複数繋がりそうな部分を見つけたことによって、このVast worldはススメオトメのアンサーソング的位置づけなんじゃないかと考えるようになりました。

先ほど4ではあえて触れませんでしたが、「BEYOND THE STARLIGHT」も似た理由で少し場面に合いません。「ゴールはない世界」の部分は3で書いた部分の完璧な回答ですし、光れ!は宝石としての表現にも合致します。しかしこの曲だと、明確に進む先を描いているんです。そうすると、「まだ知らない世界」への返答にはなりえないんじゃないかと思いました。

Initial Mess@ge

こんなことを考えた私は、以下の結論に辿り着きました。
今回の台湾公演、シンデレラガールズはさらに新たな世界へと飛び立つ、まだまだ進み続けるということを、初めて海外へと飛び立つことと掛けて示したのではないでしょうか。それこそが「Initial Mess@ge」、初期から今までずっと続くメッセージです。

終わりに

長々と失礼いたしました。
改めて注意ですが、これは個人の解釈であり、公式の狙いを正確に読み取ることができているとは限りません。むしろ見当違いのことを言っている可能性も十分あります。
ただ、もしこの巡り合わせが偶然だったとしても、このような読み取りができるだけで私は面白いと思います。セトリの踏襲やアニメの再現など、シンデレラガールズのライブは物語性を持つ演出が随所にあります。そんなところに目を向けて見ても面白いのではないでしょうか。

Ex.

今回、台湾でライブを行うことは個人的にも嬉しいことでありました。
その理由は速水奏のカード[カタルシスの華]にあります


無題

このカード、南国に来ているわけですが、その理由をみなさんはご存知でしょうか。

登場は今から約2年前、全国巡礼GWファン感謝祭がテーマのガチャでした。
日本中のどこへ出かけてもいい、そうプロデューサーに言われた彼女は、気になる場所があると言います。きっかけは、その地から届いた一通のファンレター。
その手紙には「東京はあまりに遠いので、とてもLIVEへは行けないけれど、応援しています」と書かれていました。その手紙について、彼女はこう言いました。


無題

続けて、例えお客さんがそのひとりしかいなくても、その場所に行ってみたいと続けます。
そしてやってきた場所は沖縄の離島。あちこちの島からもお客さんが集まり、この巡礼は成功を収めました。彼女もまた、この離島にやってきて、自らの想いを新たにします。詳しくは是非自分で入手してみてください。

これ、今回の台湾ライブと大きく被るところがあると思いませんか?今回奏は台湾のメンバーにいませんでしたが、彼女のこの想いが実現したようで、大変嬉しかったです。
このシーンがある思い出エピソード前半は誰でも見ることができますし、入手のハードルが高いという方は是非そちらだけでも。


そして、是非速水奏に一票をお願いいたします。
改めて、長々と読んでいただきありがとうございました。

Writer:mr@p(@kanashiburin)
凛・奏・ありすP 勝手にシンデレラガールズの更新について反応するブログ更新中 語彙力がもっと欲しい

寄稿の募集について
http://imas-cg.net/2017/11/24/52499323.html

カテゴリ:寄稿
次の記事:『 #声優 』ほぼ日刊シンデレラガールズ声優の1日(2018.04.26号)
前の記事:『シャニマス』イベント「Light up the illumination」開催!SSR(S)櫻木真乃、SR(S)八宮めぐるがもらえる!ガチャからSR(P)風野灯織が登場!

合わせてどうぞ

よろしければ記事を友達とシェアしていただけませんか

  • Tweetボタン

直近3日以内で注目されている記事一覧

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    コメント一覧 (AllCommentsLoop)

      • 1.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 19:36 ID: GyGT9H5Z0
      • さり気ない限界煽りで草
      • 2.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 19:56 ID: 8OkOPnoM0
      • 素晴らしい考察と容赦ないダイマ
        Pの鑑だな
      • 3.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 20:38 ID: 9WBi7ps30
      • 考察も素晴らしいし宣伝もこなすPの鑑
      • 4.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 21:13 ID: ljxOGB.c0
      • これは素晴らしい記事とダイマ
      • 5.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 21:28 ID: 4yCAqFDY0
      • ええ文じゃ
      • 6.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 21:57 ID: J1TNouS00
      • いいセンスだ
      • 7.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 22:49 ID: qpyJfjMb0
      • スクショの時点で予想してたけどやっぱり奏Pだったか
      • 8.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 22:59 ID: RfiSLSHy0
      • で、これでいくら貰えるわけ?
      • 9.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 23:02 ID: aQV2GJaw0
      • ええ、そのジュエルにたどり着いてないアイドルの方が多いよ……この手の考察は結局声付いて歌ってるアイドルからの視点になるよな
      • 10.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 23:33 ID: dCuca71v0
      • Vast worldはMASTERが"全ての譜面が過去にあった"系譜面だったのも感慨深い
      • 11.俺P@もばます
      • 2018年04月26日 23:34 ID: DBfE9A.20
      • そらライブの話なんだからさ…
        さすがに難癖レベルだよそれは
      • 12.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 00:01 ID: CPcL8zDS0
      • 読んでないけどやっぱそういう感想持つ内容だったか
      • 13.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 00:31 ID: u9e2cg2t0
      • 読んだら自分の感想がもてるよ
      • 14.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 01:38 ID: 9Q1b0LjI0
      • 輝かしい歴史、アイドル達の成長も素晴らしいけど、半数以上を置き去りにしておいて、
        「私達、シンデレラガールズです!」てツラすんのホント嫌い。
        ライブやるのは自由だし、大いにやればいいと思う。けど、全体イベントにするのやめてほしい。今までシンデレラガールズのライブなんてやってない。あったのは、出演声優とその役のアイドルのライブだ。
        この寄稿の「アイドル達」には声なしは含んでいないんだろうな
      • 15.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 03:46 ID: dH4bSVpf0
      • 寄稿にまでアレな人が出没するのかぁ
        コッブいいのかい、これ書こうって人が減らないかい?
      • 16.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 05:56 ID: XqabRC2X0
      • シンデレラガールズ名乗ってライブすんなってのは流石に草。
      • 17.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 06:32 ID: peCwPcKS0
      • 運営の人、そこまで考えてないと思うよ(AA略)
      • 18.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 07:53 ID: 9ZyXKDpW0
      • まぁ実際海外のビリビリ動画やアメリカのアニソン祭にも出るからなぁ
      • 19.俺P@もばます
      • 2018年04月27日 12:47 ID: 3GmAHMoj0
      • 良い考察、感想だと思うんやけどねぇ。
        自分なんて、「へー、今度は空港かー」
        ぐらいで終わってたから目から鱗やったし。

        声無し担当の辛いとこではあるやろうけど、この※欄で喚いてるのは八つ当たりにしか見えんな。
      • 20.俺P@もばます
      • 2018年04月29日 21:41 ID: b5lV3ZRk0
      • 浮動票が必要なんだから僻み根性丸出しじゃあ支援してくれる人も減るかもしれないんだけどな
        それとも難癖つけて喚き散らす声なし担当って立場を楽しんでるだけなのか
      • 21.俺P@もばます
      • 2018年05月01日 05:11 ID: Bd8wUyf20
      • 良い考察でした
    サイト内記事検索
    デレマスカテゴリ
    スポンサードリンク
    当ブログについて

    ■エイプリルフールの物語をもう一度
    【モバマス2016Ap】シンデレラパーティ ~ドリーム・ステアウェイ~


    シンデレラガールズがもっと好きになるラジオ。タイムシフトからどうぞ!

    ■名前:
    ■twitter:@mobamasuP
    詳しくは【当ブログについて。】コチラをご覧下さい。

    ■嫁ガチャ奮闘期
    【モバマス】《ガチャ》『ハッピーウェディング』「佐久間まゆお迎えするまで帰れま10」

    ■嫁イベ奮闘記
    【モバマス】ドリームLIVEフェスティバル新春SPを2枚取り目標に走ってみた感想

    【デレステ】プラチナガシャSSR佐久間まゆと闘ったモノたち

    2012.10→35k(※2014.6月の記事より)
    2013.02→35k(※)
    2013.04→250k フェス2枚取り
    2013.11→130k(※)
    2014.06→170k ニコ生で泣く
    2014.09→オーストラリアアイプロ中間300位以内、ミニオンルージュ15k以上
    2015.03→80k
    2015.07→190k
    2016.01→180k 個人2枚+チーム1枚
    2016.01→9k 
    2016.09→30k(無償込み130連)
    2016.06→12.6k
    2018.05→10kチャージ(無料60+有償10連の1枚目)
    2018.09→93k+24k(jw)(引けず)

    ■御用があるかたはTwitterにてご連絡下さい。お仕事のご依頼もお待ちしております。お仕事下さい!

    ■当ブログはGoogleかYahooで「もばます」「モバマス」などで検索すれば表示されます。

    ■資料


    アイドルセリフまとめ用テンプレート素材。
    本スレ13350人目413氏に感謝。


    オススメです


    歌:島村卯月(CV:大橋彩香)、渋谷凛(CV:福原綾香)、本田未央(CV:原紗友里)、佐藤心(CV::花守ゆみり)、三村かな子(CV:大坪由佳)
    日本コロムビア













    歌:安部菜々、一ノ瀬志希、佐久間まゆ、北条加蓮、鷹富士茄子、鷺沢文香、本田未央、南条光、喜多日菜子
    日本コロムビア

















    THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20(1) (サイコミ)
    半二合, バンダイナムコエンターテインメント
    講談社







    スポンサードリンク